読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマー幸福論

プログラム関係の雑記やcodicの開発日誌

プログラマーが自分の価値を高める5つの方法

雑記


プログラマーとして生きていくには、他と違う自分だけの特異性を見出し価値を高めていかなければならない。それは、特定の製品や最新のフレームワークについてリファレンス記述レベルの知識だけではなく、もっと専門的なノウハウであるべきだ。
しかし残念なことに、ほとんどの会社ではこのような特異性を見出すようなスキルアップの道は用意してくれない。自分の会社に都合のいいプログラマーのみが優秀とされる。


プログラムは単に何かを実現するためのツールでしかない。自分の書いたプログラムが何を実現するのか?
という部分をスキルに併せ持つことで自分の価値、すなわち+αの部分が見出せるのではないだろうか。

1. 自身がサービスを提供する

プログラムの良し悪しを一般的な自分の価値とするには限界がある。それは、プログラムがプログラマーにし読めない暗号だからだ。この方法では、「このすばらしいサービスを作れるスキルを私は持っています。」というようにサービスそのものの良し悪しを自身の価値を見出そうとする。

2. 異業種の知識を併せ持つ

建築・法律・会計あるいはデザイン・英語など異業種での専門知識/経験を併せ持ち、自分にしかできない活動を実現することで自身の独自性を見出す。
当然、ベースとなる業種はむしろ異業種側になりがちだが、プログラマーが書ける自分にしかできないことを追求することによって、自身の独自性を見出す。

3. 特定分野を研究する

人工知能全文検索、画像処理など特定の分野の知識・ノウハウを併せ持つことで自身の独自性を見出す。
当然、数学や専門的な知識などが必要となってくる。具体的には、基本的なアルゴリズムの研究をやったり
既存のアルゴリズムの中で実用化されていないものを見つけ出し、実際にサービスを提供してノウハウを培っていくのもいい。長くやれることが大前提だ。

4. フレームワーク・ライブラリ・ツール

開発者が使うライブラリやフレームワーク・あるいは言語そのものなどの開発・提供を行うことで自身の独自性を見出す。いわゆるオープンソース開発。
OS、オブジェクト指向や設計思想などの様々な知識を必要とし、開発の現場のノウハウが活かせる分野。

5. 英語を勉強する

英語を習得することは、自身の視野を広げるという意味で大きな意味がある。
習得した上で何をみるか、何をするかは人はあなた次第だ。
「所詮、日本でプログラマーの価値なんか誰にも認められない」と思うならお勧め。